男性の脱毛症の代表ともいえる男性型脱毛症の原因とは。

ジヒドロテストステロンのせいなんだそうです。

男性の体内には、テストステロンという男性ホルモンが、あるんだそうです。
このテストステロンは、精子を作ったり、筋肉を発達させたりする働きがあるんだそうです。
男性的な特徴を形作ってくれるっていうことで、男性にとっては、とても大切なホルモンなんだそうです。

ただ、このテストステロンが、毛根部分にあるレセプターと呼ばれる部分に、入り込むと、ジヒドロテストステロンというホルモンに変化してしまうんだそうです。
このジヒドロテストステロンは、DHTと略称されていて、髪の毛を作る働きを阻害するような指令を毛根部分に、出してしまうんだそうです。
そのために、男性型脱毛症が発症してしまうんだそうです

ポイントとしては、レセプターの配置で、これは、遺伝によって決まってしまっているんだそうです。
そして、このレセプターは、主に、前頭部(M字部分)や頭頂部(O字部分)に多く配置されていることが、多いんだそうです。

だから、AGA(男性型脱毛症)は、M字部分、O字部分に強く表れるんだそうです。

そして、このテストステロンのジヒドロテストステロン化っていうのは、思春期を過ぎたころから、だんだんと多くなっていくものなんだそうです。