薄毛の大きな原因の一つに、ストレスが、言われています。
これは、そうかなって思います。

毛が薄くなってしまう理由に、頭皮部分の血行不良が、大きく関係しているっていうことは、ご存じの方は、多いと思います。
この血行をつかさどっているといわれているのが、自律神経なんだそうです。

何らかのストレスを受けると、その血流を制御してくれている自律神経が、乱れてしまって、血の流れが、悪くなってしまうんだそうです。
その影響は、全身に影響するらしいのですが、特に、弱い部分に、早くから、表面化しやすいんだそうです。
人によって、それの場所が、違うらしいのですが、たまたま、それが、頭皮に向かう血流に影響してしまうと、髪の毛を作る細胞が、活発に働けなくなってしまうことに、なってしまうんだそうです。
髪の毛を作る細胞が、働かないっていうことは・・・薄くなるっていうメカニズムらしいです。

たぶん、一番いいのは、そのストレス源を、解消するっていうことですが、
そうもいかないのが、現実ですよね。
もし、ストレスの原因を突き止められたとしても、それが、仕事上からくるもだからといって、「辞めます」って、言えるものでもないですし、
それが、もし、家族とか親戚関係だったとしても、「絶縁します」なんて、言えるものでもないです。
社会生活を、営んでいると、どこかに、何かがあるのが、普通ですからね。

ただ、だからといって、何もしないと、どんどん進行してしまいます。

ストレスはストレスとして、それ以外の気づかない要因が、関わっている可能性も、ないとは言えないっていうのも、事実ですから、
まずは、専門のクリニックに相談に行ってみるっていうのが、正解なのではないかと思います。

こちら⇒AGAスキンクリニック