薄毛の原因として、遺伝という説が有力ですが、
それだけが、髪の毛が薄くなる原因ですっていうことでは、ないんだそうです。

遺伝以外の原因として、「生活習慣」が、あるんだそうです。
生活習慣が乱れることで、皮脂の分泌が、過剰になってしまうことが、あるんだそうです。

「暴飲暴食」「不定期な時間の食事」「夜中の飲食」など・・・

基本的に皮脂は、頭皮を守ってくれる役目を担ってくれているものなんだそうです。
毛穴付近で、外的な刺激などから、毛根などを、守ってくれているので、
皮脂は、ない方がいいからっていうことで、全部をきれいさっぱり取り去ってしまうのも、考えものなんだそうです。

ただ、過剰に分泌された皮脂は、そのままにしておくと、酸化してしまって、「過酸化脂質」というものに、変化してしまうんだそうです。
この変化してできてしまう過酸化脂質が、良くないんだそうです。

この物質は、細菌の大好物なので、そのままの状態で放置していると、細菌が繁殖してしまうんだそうです。
細菌が繁殖してしまうと、毛根部分で、炎症を引き起こす原因になってしまうんだそうです。
この炎症で、その部分の毛が、抜けてしまうということになってしまうんだそうです。