薄毛の原因は、男性ホルモンではなかった。
少なくとも、直接的な原因ではないっていうことらしいですね。
ただ、間接的に関係しているだけっていうことらしいです。

一番の問題は、レセプターっていう器官というか、そういったものが、頭皮の髪の毛の根っこの毛根部分に存在していて、
このレセプターが、存在している場所が、薄くなってしまうことになるんだそうです。

ただ、存在しているだけでは、薄くはならないらしいのですが、
ここで、男性ホルモンが、関係してくるんだそうで、
男性ホルモンが、毛根にすると、特殊な酵素を反応を起こして、DHTという物質が、作り出されるんだそうです。

このDHTが、悪者らしく、レセプターと結合しやすい性質があるんだそうです。
そして、結合してしまうと、髪の毛を作るのを、抑制するような指令を出してしまうんだそうです。そのせいで、レセプターが存在している場所が、薄くなるんだそうです。

このレセプターの場所っていうのは、遺伝的に決まっているらしく、通常は、前頭部と後頭部に多く存在していて、後頭部には、そんなにないんだそうです。

前頭部と頭頂部って・・・!
いわゆるM字と、O字っていう、その部分ですよね。

うーん、なんとなく納得しました。
(難しいことは、別にして・・・)