薄毛なってしまう男性の原因とは。
よく、言われていることに、男性ホルモンが、多いからっていうことが、あります。
でも、最近の研究では、男性ホルモンは、直接的な関連としては、薄いっていうことが、わかってきたらしいですね。

問題は、「レセプター」っていう組織の存在なんだそうです。
このレセプターは、髪の毛の毛根の部分に存在しているもので、
これが単体であるだけでは、特に、問題では、ないんだそうです。

ただ、なんらかの原因で、血液中に含まれる男性ホルモンが、
毛根部分に侵入してしまうと、酵素と結合して、DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる物質が、作り出されてしまうんだそうです。

このDHTが、毛根部分に存在するレセプターと結合してしまうと、
髪の毛を作る作用を阻害してしまう信号を、出してしまうんだそうです。

この研究から、わかってきたことは、髪の毛が薄くなってしまうことに関係しているのは、
DHTと結合すると、髪の毛を作る作用を阻害してしまうレセプターの量ということなるんだそうです。

そして、このレセプターの量や配置は、前額部分(M字部分)と頭頂部分(O字部分)に、多く存在しているんだそうです。また、後頭部分や側頭部分には、あまり存在していないのが、普通なんだそうです。

レセプターの量や配置というのは、だいたい、遺伝で決まってしまっているっていうことが、わかっているんだそうです。