【公開調教】SMの飴と鞭 お仕置きされる性奴隷美雨 width=

動画チェック

詳細

美雨を仕置きした時の動画です。

美雨は私の奴隷で、私に管理されています。

美雨には自慰を禁止しています。

股縄で生活させているので、我慢できず、自慰をしてしまいましたと、ある日、報告してきました。

だから、仕置きしました。

土下座で、謝罪する美雨の声は震えていた。

仕置きだと告げ、スカートをまくり、尻をだし、鞭で叩く。

それだけでせつなく喘ぐのは、お仕置きされる自分を意識してのことだ。

着ているものを脱ぎなさい。

はい、ご主人様…。

いつものように、私によく見えるように、そして私が楽しむために、いつものようにゆっくり脱いでいく。

飼い主の前で服を脱ぐとき、いつもの自分から、奴隷の自分になるために、こころも裸になるために、ゆっくりと脱ぐ。

頭の後ろで両手を組んで足を肩幅に開いて立つのは、私がしつけた奴隷のポーズだ。

六条鞭と平手で尻が朱くなるまで叩いた。

仕置きは、真性のマゾである美雨にとって怖いけれど、嫌いなことではない。

むしろどこかで待ちわびているのかもしれない。

手首を縛り、吊る。

その瞳は、マゾヒズムの被虐に潤んでいた。

鞭を使いながら、白い体がうごめくのをじっと見ていた。

いつもは、ふつうの主婦であり、母である私と、今の私。

裸で、家畜のように鞭で尻を叩かれている奴隷の私。

飼い主からお仕置きされている、飼われている私。

それらを思うから、叩かれながら、体は昂ぶり、こころはせつなく、頭の中はからっぽになる。

指でねぶり、寸前でとめて、何度も焦らしたのも仕置きだ。

そしてしつけだ。

それからいかせた。

美雨は、解放も私の許可が必要だ。

調教され、管理され、飼育され、所有されている奴隷の定めだ。

そのことに悦びを感じるのはマゾの哀しい性だ。

それからベッドにあげて、足を開かせ、解放したあとの女を私に晒すのも、奴隷の務めだ。

女として、もっとも恥ずかしい、そしてもっとも美しい瞬間を、主の私に捧げる。

もうしませんと誓わせて、ようやく許した。

そしてあまく、責めた。

舌と指で、なんどもいかせた。

鞭のあとの飴は、あまい。

痛いだけとかがSMではないだろうと私は思う。

あまく、せつないSMだってある。

厳しく、ときに優しく。

温かいタオルを女にあてると、うっとりと、安らいだ表情をした。

美雨の瞳に涙が少したまって、瞬きすると、すっと流れた。

(美雨は私の所有・管理・飼育しているリアルなペットです。私たちはほんとうの主従です。公開調教として、しつけとして動画を撮影しアップしています。SMは、あまく、せつなく、すてきなものだと伝えたい…。ふたりとも社会人なので、美雨はアイマスク、私はサングラスをしています。)

見どころ

【公開調教】SMの飴と鞭 お仕置きされる性奴隷美雨 画像1
【公開調教】SMの飴と鞭 お仕置きされる性奴隷美雨 画像2
【公開調教】SMの飴と鞭 お仕置きされる性奴隷美雨 画像3
【公開調教】SMの飴と鞭 お仕置きされる性奴隷美雨 画像4
【公開調教】SMの飴と鞭 お仕置きされる性奴隷美雨 画像5
【公開調教】SMの飴と鞭 お仕置きされる性奴隷美雨 画像6
【公開調教】SMの飴と鞭 お仕置きされる性奴隷美雨 画像7
【公開調教】SMの飴と鞭 お仕置きされる性奴隷美雨 画像8
【公開調教】SMの飴と鞭 お仕置きされる性奴隷美雨 画像9
【公開調教】SMの飴と鞭 お仕置きされる性奴隷美雨 画像10

DUGAウェブサービス