恋人として 奴隷として ドミナントとサブミッシブの日常 width=

動画チェック♪

サンプル画像♪

 

恋人として 奴隷として ドミナントとサブミッシブの日常 画像1

恋人として 奴隷として ドミナントとサブミッシブの日常 画像2

恋人として 奴隷として ドミナントとサブミッシブの日常 画像3

恋人として 奴隷として ドミナントとサブミッシブの日常 画像4

恋人として 奴隷として ドミナントとサブミッシブの日常 画像5

恋人として 奴隷として ドミナントとサブミッシブの日常 画像6

恋人として 奴隷として ドミナントとサブミッシブの日常 画像7

恋人として 奴隷として ドミナントとサブミッシブの日常 画像8

恋人として 奴隷として ドミナントとサブミッシブの日常 画像9

恋人として 奴隷として ドミナントとサブミッシブの日常 画像10

おすすめポイント♪

エロばかりではない動画です。

そのことをご了承ください。

主従関係として私と美雨のふだんの一日を、その一部を撮影した動画です。

美雨が行きたいといっていたカフェでランチをした。

普通の恋人のような時間。

ご主人様と奴隷でも、こんな時もあっていい。

部屋に戻る。

美雨は土下座であいさつの後、服を脱いで赤いハーネスをつける。

二人の関係性が主従に戻る。

座卓の上で、美雨の体を検査する。

いつも厳しくしつけている、検査のポーズ。

美雨の体はしなやかで、部屋の灯りに照らされて輝いている。

この体は私のものだ。

私が所有し、管理し、支配していると思うと誇らしく、そして少しだけ照れくさい。

確かめたくて、言わせたくて、お前の体は誰のものかと聞く。

美雨は、ご主人様のものですと答える。

パソコンで仕事をする私の廻りで、ハーネスの奴隷が家事をする。

テーブルを拭き、掃除機をかけ、キッチンで水を使う。

仕事をする私に奉仕させる。

飼い主に仕える奴隷として、用事が終わると、吊るされて放置する。

私は仕事を続ける。

美雨はなにもされない体をもてあまし、芋虫のように体をくねらせる。

時間だけが、静かに流れ続ける。

美雨は私の奴隷で、恋人だ。

私に仕え、服従を誓っている。

私は美雨を、所有し、管理し、支配し、飼育している。

少ししたら、美雨は家庭に戻る。

戻ってしまう。

それまでの、ささやかな、ふたりだけの、久しぶりの休日。

こうして私たちは生きている。ベッドに大の字固定。

少しの放置の後、電マで責めた。

美雨はのけぞり、跳ねた。

解放したあとの女を調べるために、開いて、そっと見た。

そこだけ別の生き物のように、蠢いていた。

DUGAウェブサービス