グラビアアイドル動画とS

抜けると噂のグラビア動画や、アイドルの動画を、ご紹介します。

「しつけ」の記事一覧

【M女のしつけ方】筆責め編

M字開脚で竹刀で筆責めの動画です。ただ筆で、ねっとり責めているワンシーンのみです。焦らされ、弄ばれる自分。床は冷たい。猿轡。目隠し。オカリナのBGMが静かに流れている。優しい筆のタッチがもどかしい。少し前、鞭で厳しく躾けた。そのあとの、筆責め。柔らかい、弱い刺激だけ与えられる。女の中心や胸に近づいては遠ざかる。足を開いて女を所有者の目に晒して、昂ぶらされ、焦らされ、それを見られている。そのことでより昂ぶっている自分をも逐一観察されている。飼い主のための自分なんだと思い、マゾヒズムの被虐に体の芯が暑くなる。女のふたつの膨らみを、縦の筋を、アリの戸渡を、鼠径部を筆が這い、ねぶられる。たっぷり焦らしてから、解放を赦した。そこだけが別の生き物のように蠢くのを、じっと見ていた。美雨は私の所有・管理・飼育しているリアルなペットです。私たちはほんとうの主従です。公開調教として、しつけとして動画を撮影しアップしています。SMは、あまく、せつなく、すてきなものだと伝えたい。

【公開調教】ディルドウの責めで乱れるM女

生まれたままの姿になると、美雨はこころも裸になった。いつもは秘めている、もうひとりの自分に戻る。四つん這いで、自分を責めるディルドウを口に含む。なんども躾けられた、いつも主への服従のあかしの奉仕のように。解放を禁じている女に、そっとあてる。ゆっくり沈める。刺激を求めていた体は痙攣し、焦らされ、なんども果てた。バックから犯されるような姿勢で。ちんちんのポーズで。ディルドウに乱れる美雨は、マゾヒズムそのものだけれど、妖艶で淫らだけれど、もうひとりの美雨がいることを、知っていてほしい。のびのびと子育てをしている美雨を。料理が上手で、思いやりがある、温かく、優しい女であることを。家族や友や、出会うすべての人を愛し、愛され、ふつうに、そっと暮らしている美雨を。荷や苦を静かに受け止めて、日常も非日常も、一生懸命向き合っていることを。(美雨は私の所有・管理・飼育しているリアルなペットです。私たちはほんとうの主従です。)

【M女のしつけ方】 オナニー編 M女としての自慰の作法

オナニーをさせたときの動画です。美雨には自慰を禁止している。だから、美雨が自慰をするのは私の指示があるときだけだ。ただ、自慰をするのではない。サブミッシブとしての作法がある。まず、目的。自分のためにするのではない。自分が気持ちよくなるためではない。飼い主に見てもらうため、飼い主を楽しませるための自慰だということ。それを、繰り返し言葉で教え、ときに反芻させる。だから、主のための自慰だ。M字開脚の前に鏡を置いて、始めさせた。みじめなポーズ。みだらな行為。美雨はいつも羞恥を忘れないから、その仕草は、はかない。自らを追い上げて、その寸前で止める。「おあずけ」昂ぶる体をもてあます。させてくださいと哀願させ、「はじめ」繰り返す。いかせてくださいと懇願させ、いきますと報告し、絶頂を迎える。どうしようもなく恥ずかしく、みじめな行為に身を焦がす自分の性が哀しく、だからその仕草にはかなさがある。マゾヒズムが、肌からほんのり匂い立つ。

【マゾペットとしてしつけられる人妻M女】

美雨はモデルさんではありません。美雨は私の所有・管理・飼育しているリアルなペットです。私たちはほんとうの主従です。公開調教として、しつけとして動画を撮影しアップしています。SMは、あまく、せつなく、すてきなものだと伝えたい…。ふたりとも一応社会人なので、私はサングラス、美雨はアイマスクをしています。従順なマゾペットとして躾けた動画です。先にホテルに入った美雨は、深紅のドレスで、いつものように従順に四つん這いで飼い主を待つ。首輪で繋がれ、メスの化粧。飼い主への足舐め、奉仕…。厳しく躾けられるために、生まれたままの姿になる。ゆっくり服を脱がせるのは、いつものことだ。こころも裸になりなさい…。はい、ご主人様…。首輪で繋ぐと、マゾヒズムの羞恥とやすらぎがある。四つん這いでメスの散歩。支配された女の白い背中が哀しい。歩かせながら、お座りやちんちんを躾ける。カメラを意識して、せつなく喘ぐ様がマゾらしい。この1年で、美雨のマゾヒズムは解放され、開発され、癒やし、満たされた。皿でナッツを食べさせた。骨を投げ、四つん這いでとりにいかせた。ちんちんのポーズで、指でなんどもいかせた。尻尾をつけ、メスらしく、尻を振らせた。床で仰向けのちんちんは、服従を示すポーズだ。柔らかい体を足でねぶる…。そして、伸びていたから、剃毛した。ペットの毛の手入れは、飼い主の楽しみだ。クリームは必要ないほど濡れていた。ベッドにあげて、鞭とバイブを使ったのは、素直にできた褒美だ。飴と鞭…。最後にハグすると、子犬のようにあまえてきた。カメラには写らなかったけれど、瞳にたまっていた涙がベッドに落ちて、ぽつんという音がした。

M女を、しつけて、すべてを捧げさせる♪

美雨はモデルさんではありません。美雨は私の所有・管理・飼育しているリアルなペットです。私たちはほんとうの主従です。公開調教として、しつけとして動画を撮影しアップしています。SMは、あまく、せつなく、すてきなものだと伝えたい…。一応社会人なので、サングラスとアイマスクをしています。調教は、主への挨拶からはじまる「私はご主人様に身も心も捧げます。ご主人様の許可なく、自分の身体には触れません。いく時も、ご主人様の許可を求め報告をします。私が淫らな姿を晒すのは、ご主人様の前だけです…」足元に正座させ、言葉を詰まらせながらの誓い。飼い主に管理され、所有されることを誓う。服従の証として、私の足の甲に口づけをそっとする。私に調教されるために、主に気に入られるためにと選んだ服を、一つずつ、ゆっくり、見せつけるように脱いで、生まれたままの姿で、首輪で繋がれ、飼い主にすべてを捧げることを誓う。美雨に契約書を自分で書かせ、読ませたとき、泣いていた…誓いの言葉を繰り返し言わせるのは、ただのプレイではないM女の心に忠誠心を深く刻み込むためだ。

【M女のしつけ方】鞭の使い方編 個撮

M女のしつけシリーズ第2弾です。SMでの鞭の使い方の簡単な説明動画です。美雨は下着をつけています。官能的なシーンはありません。六条鞭(バラ鞭)をメインに乗馬鞭、パドルの打ち方の動画です。鞭は、しつけ、お仕置き、褒美など様々な用途があります。ただ打つのではなく、緩急、強弱などメリハリをつけるといいです。それからM女の状態によって、打ち方に変化をつける。そんなことを自分なりに解説しています。

恋人として 奴隷として ドミナントとサブミッシブの日常

エロばかりではない動画です。そのことをご了承ください。主従関係として私と美雨のふだんの一日を、その一部を撮影した動画です。美雨が行きたいといっていたカフェでランチをした。普通の恋人のような時間。ご主人様と奴隷でも、こんな時もあっていい。部屋に戻る。美雨は土下座であいさつの後、服を脱いで赤いハーネスをつける。二人の関係性が主従に戻る。座卓の上で、美雨の体を検査する。いつも厳しくしつけている、検査のポーズ。美雨の体はしなやかで、部屋の灯りに照らされて輝いている。この体は私のものだ。私が所有し、管理し、支配していると思うと誇らしく、そして少しだけ照れくさい。確かめたくて、言わせたくて、お前の体は誰のものかと聞く。美雨は、ご主人様のものですと答える。パソコンで仕事をする私の廻りで、ハーネスの奴隷が家事をする。テーブルを拭き、掃除機をかけ、キッチンで水を使う。仕事をする私に奉仕させる。飼い主に仕える奴隷として、用事が終わると、吊るされて放置する。私は仕事を続ける。美雨はなにもされない体をもてあまし、芋虫のように体をくねらせる。時間だけが、静かに流れ続ける。。。美雨は私の奴隷で、恋人だ。私に仕え、服従を誓っている。私は美雨を、所有し、管理し、支配し、飼育している。少ししたら、美雨は家庭に戻る。戻ってしまう。それまでの、ささやかな、ふたりだけの、久しぶりの休日。こうして私たちは生きている。ベッドに大の字固定。少しの放置の後、電マで責めた。美雨はのけぞり、跳ねた。解放したあとの女を調べるために、開いて、そっと見た。そこだけ別の生き物のように、蠢いていた。

性奴隷の入浴の作法。飼い主に縄で繋がれながら。

美雨はモデルさんではありません。美雨は私の所有・管理・飼育しているリアルなペットです。私たちは本当の主従です。公開○教として、しつけとして動画を撮影しアップしています。美雨を風呂に入れた時の動画です。自分で体を洗わせたものと、後手縛りで入浴させた時のものです。洗いなさいと言う命令に、返事をし、喘ぎ、おずおずと体に手を這わせた。湯から少し体を浮かせて、見えるように洗いなさい…。うねうねとマゾらしく体をくねらせなさい…。足を開きなさい…。浴槽の中で立たせて、体を洗わせる。私は腕を組み、縄で繋いだマゾ女性としての仕草を、ただ静かに見つめる。足を開かせ、娼婦のように腰をくねらせる。後ろを向かせ、尻を突きださせ、磨かせる。美雨は見られていることを意識して、命令されるたびに、哀しく喘ぎ、従順に従う。もう一度湯に浸からせて、私が洗う。性○隷の体は私のものだ。私が所有し、管理し、支配している。だから宝石のように大切にし、磨き、慈しむ。洗い場で、正座の肢体にシャワーで湯をかけた。肩から湯が落ち、乳房が跳ね返す。足を開かせて、女陰に湯をかける。「仰向けのちんちん」ペットが飼い主に恭順を示すポーズだ。体を捧げますという服従のポーズ。かけられる湯に、せつなく喘ぎながら、姿勢を保ち続けていた。言葉では、絶対に言い表せない。肌の温もり。美雨は私の所有物となり、輝いてきた。幼い子のように、よく飼い慣らされたペットのように、揺蕩うように、うっとりと私の手に体を委ねている美雨を、いい女になったなとしんみり思った。マゾの自分と向き合い、大きな波が去った後の凪のような瞬間がある。そのとき、マインドの奥にいる自分を見る。それはひとりぼっちで、膝を抱えて泣いている幼い自分だ。その子を、我が子のように、そっと抱きしめる。石鹸の香りがした。 ※本編にオリジナル・マスターに起因するノイズ等が発生する箇所があります。あらかじめご了承ください。

【しつけられるM女】股縄で。開脚固定で。吊りで。

美雨はモデルさんではありません。美雨は私の所有・管理・飼育している性奴隷です。私たちはほんとうの主従です。公開調教として、しつけとして動画を撮影しアップしています。SMは、あまく、せつなく、すてきなものだと伝えたい…。しつけとして放置したときの動画です。3つのシチュエーションを撮影しました。ベッドで後手、ローター。後手、開脚固定、足の間にドライヤー。簡単な吊り、チェーンで固定。放置はM女を従順にする。美雨には自慰を禁止しているから、乾いた体を固定され、股縄を施されて、ただ放っておかれる。なにもされない。躾けられているということに、マゾヒストとして被虐に酔う。厳しく後手、股縄。ただ、股縄の弱い刺激がじわりと効いてくる。刺激を求めて、芋虫のように縛られた体を蠢かせる。ローターを弱く入れて、股縄に挟む。微弱な振動が子宮を責める。それから大の字で固定。昂ぶらされた体が、今度は股縄を外されてなにもしてもらえない。女のコアが敏感になっているから、空気が触れる感触がもどかしい。切なくなり、主の責めをただ待ちわびる。飼い主の気まぐれに、体をもてあまし、許されるまで耐えるしかない自分がはかなく、せつない。ただ悶々とすごすことしかできない自分は、主の所有物でしかない。無力で、か弱い。Mだから、そのことに体が熱くなる。そうして、肉の○隷として、ペットとして屈服し、従順になる。それが放置という責めだ。大の字の足の間にドライヤーを置く。風が剃毛された女を責め続ける。勝手に解放することは許されていないから、ただ、耐える。その様がマゾらしい。被虐に酔う風情がいい。日常では服を着て、さっそうと生きる自分が、躾けとして縄縛を受け、裸で吊られ、赦されるまで放置されている姿はM女がMらしい瞬間だ。妖艶で儚い…。痛いだけとか、ただ陵辱されるというSMが多いのだろうけれど、あまく、せつないSMもあっていいと私は思う。 ※本編にオリジナル・マスターに起因するノイズ等が発生する箇所があります。あらかじめご了承ください。

誕生日のSM調教 主従関係恋愛 マゾ奴隷であり恋人

私の誕生日に撮影した動画です。美雨がケーキを作ってくれて、それを食べていたり、普通に料理をしているシーンも一部ですが映っています。すべてエロ!という動画ではありませんので、ご了承ください。ドアを開けると、玄関で飼い主の私の帰りを待つ美雨がいる。四つん這い。マゾメスとしての首輪と股縄。よしよしと頭をなで、ちんちんさせて濡れ具合を確かめる。リードで曳かれて歩くさまはメス犬のそれだ。尻がもこもこ動いて、女が濡れて光っている。白い背中が哀しい。奴隷のポーズをさせて股縄を外し、濡れ具合を確かめる。そして足舐めの奉仕。洋服で料理をする美雨。ソファでふたりでご飯を食べて、膝枕で談笑する。ここはエロではないから、いらないという人は早送り…。ソファでM字開脚、後手で固定してしばらく放置した。電マと筆で責めると、久しぶりの刺激になんども果てた。そして剃毛。ペットの毛のトリミングは飼い主の楽しみのひとつだ。女を剃られるという行為に、管理されている体、飼われているという自分の立場に酔い、被虐の悦びを感じるのはマゾとしての性だろう。家族の縁がうすい私が家庭の味を好むから、裸エプロンの美雨がホワイトシチューを作ってくれた。食べる私の横で犬のお座り。誕生日にくれたメッセージを読み上げると、美雨は少し泣いた。SMはプレイだけではない。凌辱だけ、プレイだけがSMではないと思う。主従関係恋愛だってあっていい。美雨は私のもので、マゾ奴隷として調教、飼育、管理しているけれど、女であり恋人であり、共に生きている。ソファでもうひと責めして、ケーキのろうそくを消した。美雨の作ってくれたケーキは、あまく、あったかく、家族の味がした。鼻の奥がつんとして、胸が、ぎゅっと締まった。ちょっと作りこみすぎたかなって感じがするし、こんなのエロ動画じゃないと批判を受けるかもしれないけれど、こういう動画があったっていいと、私は思う。