グラビアアイドル動画とS

抜けると噂のグラビア動画や、アイドルの動画を、ご紹介します。

「奴隷」の記事一覧

恋人として 奴隷として ドミナントとサブミッシブの日常

エロばかりではない動画です。そのことをご了承ください。主従関係として私と美雨のふだんの一日を、その一部を撮影した動画です。美雨が行きたいといっていたカフェでランチをした。普通の恋人のような時間。ご主人様と奴隷でも、こんな時もあっていい。部屋に戻る。美雨は土下座であいさつの後、服を脱いで赤いハーネスをつける。二人の関係性が主従に戻る。座卓の上で、美雨の体を検査する。いつも厳しくしつけている、検査のポーズ。美雨の体はしなやかで、部屋の灯りに照らされて輝いている。この体は私のものだ。私が所有し、管理し、支配していると思うと誇らしく、そして少しだけ照れくさい。確かめたくて、言わせたくて、お前の体は誰のものかと聞く。美雨は、ご主人様のものですと答える。パソコンで仕事をする私の廻りで、ハーネスの奴隷が家事をする。テーブルを拭き、掃除機をかけ、キッチンで水を使う。仕事をする私に奉仕させる。飼い主に仕える奴隷として、用事が終わると、吊るされて放置する。私は仕事を続ける。美雨はなにもされない体をもてあまし、芋虫のように体をくねらせる。時間だけが、静かに流れ続ける。。。美雨は私の奴隷で、恋人だ。私に仕え、服従を誓っている。私は美雨を、所有し、管理し、支配し、飼育している。少ししたら、美雨は家庭に戻る。戻ってしまう。それまでの、ささやかな、ふたりだけの、久しぶりの休日。こうして私たちは生きている。ベッドに大の字固定。少しの放置の後、電マで責めた。美雨はのけぞり、跳ねた。解放したあとの女を調べるために、開いて、そっと見た。そこだけ別の生き物のように、蠢いていた。

性奴隷の入浴の作法。飼い主に縄で繋がれながら。

美雨はモデルさんではありません。美雨は私の所有・管理・飼育しているリアルなペットです。私たちは本当の主従です。公開○教として、しつけとして動画を撮影しアップしています。美雨を風呂に入れた時の動画です。自分で体を洗わせたものと、後手縛りで入浴させた時のものです。洗いなさいと言う命令に、返事をし、喘ぎ、おずおずと体に手を這わせた。湯から少し体を浮かせて、見えるように洗いなさい…。うねうねとマゾらしく体をくねらせなさい…。足を開きなさい…。浴槽の中で立たせて、体を洗わせる。私は腕を組み、縄で繋いだマゾ女性としての仕草を、ただ静かに見つめる。足を開かせ、娼婦のように腰をくねらせる。後ろを向かせ、尻を突きださせ、磨かせる。美雨は見られていることを意識して、命令されるたびに、哀しく喘ぎ、従順に従う。もう一度湯に浸からせて、私が洗う。性○隷の体は私のものだ。私が所有し、管理し、支配している。だから宝石のように大切にし、磨き、慈しむ。洗い場で、正座の肢体にシャワーで湯をかけた。肩から湯が落ち、乳房が跳ね返す。足を開かせて、女陰に湯をかける。「仰向けのちんちん」ペットが飼い主に恭順を示すポーズだ。体を捧げますという服従のポーズ。かけられる湯に、せつなく喘ぎながら、姿勢を保ち続けていた。言葉では、絶対に言い表せない。肌の温もり。美雨は私の所有物となり、輝いてきた。幼い子のように、よく飼い慣らされたペットのように、揺蕩うように、うっとりと私の手に体を委ねている美雨を、いい女になったなとしんみり思った。マゾの自分と向き合い、大きな波が去った後の凪のような瞬間がある。そのとき、マインドの奥にいる自分を見る。それはひとりぼっちで、膝を抱えて泣いている幼い自分だ。その子を、我が子のように、そっと抱きしめる。石鹸の香りがした。 ※本編にオリジナル・マスターに起因するノイズ等が発生する箇所があります。あらかじめご了承ください。

誕生日のSM調教 主従関係恋愛 マゾ奴隷であり恋人

私の誕生日に撮影した動画です。美雨がケーキを作ってくれて、それを食べていたり、普通に料理をしているシーンも一部ですが映っています。すべてエロ!という動画ではありませんので、ご了承ください。ドアを開けると、玄関で飼い主の私の帰りを待つ美雨がいる。四つん這い。マゾメスとしての首輪と股縄。よしよしと頭をなで、ちんちんさせて濡れ具合を確かめる。リードで曳かれて歩くさまはメス犬のそれだ。尻がもこもこ動いて、女が濡れて光っている。白い背中が哀しい。奴隷のポーズをさせて股縄を外し、濡れ具合を確かめる。そして足舐めの奉仕。洋服で料理をする美雨。ソファでふたりでご飯を食べて、膝枕で談笑する。ここはエロではないから、いらないという人は早送り…。ソファでM字開脚、後手で固定してしばらく放置した。電マと筆で責めると、久しぶりの刺激になんども果てた。そして剃毛。ペットの毛のトリミングは飼い主の楽しみのひとつだ。女を剃られるという行為に、管理されている体、飼われているという自分の立場に酔い、被虐の悦びを感じるのはマゾとしての性だろう。家族の縁がうすい私が家庭の味を好むから、裸エプロンの美雨がホワイトシチューを作ってくれた。食べる私の横で犬のお座り。誕生日にくれたメッセージを読み上げると、美雨は少し泣いた。SMはプレイだけではない。凌辱だけ、プレイだけがSMではないと思う。主従関係恋愛だってあっていい。美雨は私のもので、マゾ奴隷として調教、飼育、管理しているけれど、女であり恋人であり、共に生きている。ソファでもうひと責めして、ケーキのろうそくを消した。美雨の作ってくれたケーキは、あまく、あったかく、家族の味がした。鼻の奥がつんとして、胸が、ぎゅっと締まった。ちょっと作りこみすぎたかなって感じがするし、こんなのエロ動画じゃないと批判を受けるかもしれないけれど、こういう動画があったっていいと、私は思う。

【公開調教】SMの飴と鞭 お仕置きされる性奴隷美雨

美雨を仕置きした時の動画です。美雨は私の奴隷で、私に管理されています。美雨には自慰を禁止しています。股縄で生活させているので、我慢できず、自慰をしてしまいましたと、ある日、報告してきました。だから、仕置きしました。土下座で、謝罪する美雨の声は震えていた。仕置きだと告げ、スカートをまくり、尻をだし、鞭で叩く。それだけでせつなく喘ぐのは、お仕置きされる自分を意識してのことだ。着ているものを脱ぎなさい。はい、ご主人様…。いつものように、私によく見えるように、そして私が楽しむために、いつものようにゆっくり脱いでいく。飼い主の前で服を脱ぐとき、いつもの自分から、奴隷の自分になるために、こころも裸になるために、ゆっくりと脱ぐ。頭の後ろで両手を組んで足を肩幅に開いて立つのは、私がしつけた奴隷のポーズだ。六条鞭と平手で尻が朱くなるまで叩いた。仕置きは、真性のマゾである美雨にとって怖いけれど、嫌いなことではない。むしろどこかで待ちわびているのかもしれない。手首を縛り、吊る。その瞳は、マゾヒズムの被虐に潤んでいた。鞭を使いながら、白い体がうごめくのをじっと見ていた。いつもは、ふつうの主婦であり、母である私と、今の私。裸で、家畜のように鞭で尻を叩かれている奴隷の私。飼い主からお仕置きされている、飼われている私。それらを思うから、叩かれながら、体は昂ぶり、こころはせつなく、頭の中はからっぽになる。指でねぶり、寸前でとめて、何度も焦らしたのも仕置きだ。そしてしつけだ。それからいかせた。美雨は、解放も私の許可が必要だ。調教され、管理され、飼育され、所有されている奴隷の定めだ。そのことに悦びを感じるのはマゾの哀しい性だ。それからベッドにあげて、足を開かせ、解放したあとの女を私に晒すのも、奴隷の務めだ。女として、もっとも恥ずかしい、そしてもっとも美しい瞬間を、主の私に捧げる。もうしませんと誓わせて、ようやく許した。そしてあまく、責めた。舌と指で、なんどもいかせた。鞭のあとの飴は、あまい。痛いだけとかがSMではないだろうと私は思う。あまく、せつないSMだってある。厳しく、ときに優しく。温かいタオルを女にあてると、うっとりと、安らいだ表情をした。美雨の瞳に涙が少したまって、瞬きすると、すっと流れた。(美雨は私の所有・管理・飼育しているリアルなペットです。私たちはほんとうの主従です。公開調教として、しつけとして動画を撮影しアップしています。SMは、あまく、せつなく、すてきなものだと伝えたい…。ふたりとも社会人なので、美雨はアイマスク、私はサングラスをしています。)

裸エプロンで ご主人様にお給仕する性奴隷【個人撮影】

美雨はモデルさんではありません。美雨は私の所有・管理・飼育しているリアルなペットです。私たちはほんとうの主従です。公開調教として、しつけとして動画を撮影しアップしています。SMは、あまく、せつなく、すてきなものだと伝えたい…。ふたりとも社会人なので、美雨はアイマスク、私はサングラスをしています。うちで美雨が料理をし、晩酌した時の動画で、その時のことを美雨に書かせました。↓今日はご主人様の好きなホワイトシチューを作ります。裸に、お気に入りの白いエプロンをつけて、股縄…お嫁さんになれたみたいで、幸せです。配膳がすむと、私はお側に立って、ビールを注いだり、おかずを取り分けたりします。美味しそうに食べてくれて嬉しいなと思っていたら、吊るされて、放ったらかしにされました…時々、指や鞭で身体に触れてもらえたけれど、イキそうになると、手を止めて、お酒を飲まれます…せつなくて、身体の奥がじんじんしました。「おまえにも餌をあげる」と、ご主人様のおつまみをわけてもらえて、ピンク色の餌皿で食べました。身体の検査をする、と言われたから、いつもの姿勢でお股やお尻の穴を拡げて見てもらいます…何度やっても恥ずかしくて、カメラで撮られていると思うと、頭が真っ白になりました。オナニーを許されたので、久しぶりに身体に触れると、しっとりしていました…イキそうです。おあずけ。の繰り返し…いかせてください、ご主人様。よし。で、奴隷の私は、やっとイクことを赦されます…今日はゆっくり晩酌するから付き合え、と食卓の上に仰向けで寝かされました。お酒を飲みながら、じいっと眺められ、恥ずかしくて嬉しくて、あまずっぱい気持ちになりました。緊縛され、置き物みたいになった私は、指や筆で焦らされ、数え切れないほどいかされて、悶えました…晩酌に、私の恥ずかしい姿でご主人様に愉しんでもらえるのは、性奴隷としてこの上ない悦びです…。