グラビアアイドル動画とS

抜けると噂のグラビア動画や、アイドルの動画を、ご紹介します。

「性奴隷」の記事一覧

【ご主人様に自撮りで報告する人妻性奴隷2】

美雨には、一緒にいない時も奴隷という立場を自覚させるために、命令を与え自撮りで報告させています。その時のことを美雨に書かせました。→「しばらく仕事で忙しくて会えないから、持って帰りなさい。命令したら、それを使って自撮りして報告するように」と、ご主人様からローターを持たされました。【1つ目の命令】【家族が出かけたら食卓に上がってオナニーしなさい、厭らしい下着で。】さっきまで朝ごはんを食べていた食卓に上がってオナニーをするのは、とっても恥ずかしかったです。ご主人様はお仕事で忙しいから、私の淫らな姿で少しでも愉しんでもらえるといいな…と思いながら、筆とローターを使って、ご主人様がして下さるみたいに、ねっとり焦らすように胸や割れ目を撫で回しました…。ご主人様が恋しくてたまらないけど、こうして命令され、しつけてもらえるから、私はマゾとして心が満たされました。【2つ目の命令】【オナニーして寸止め。20分おすわりで我慢。ローターをいれて20分放置。電源は入れないこと。いかずに我慢できたら、オナニーを許可する。ローターに電源を入れて何回もいってみせなさい。】命令を読んだだけでも、股縄を濡らしてしまいました…。寸止めのあとの放置は、触れられないもどかしさに、哀しいほど感じます。電源を切ったままのローターを入れると、辛いような、ほんの少しだけ貰えた快感を、ぎりぎりのところで堪えました…。命令をきちんと守れたのでローターの電源をオンにして、ちんちんのポーズでご褒美に身体中を震わせて何度も何度もいきました…。ご主人様、今日も美雨をしつけて下さってありがとうございます。(美雨は私の所有・管理・飼育しているリアルなペットです。私たちはほんとうの主従です。公開調教として、しつけとして動画を撮影しアップしています。SMは、あまく、せつなく、すてきなものだと伝えたい。ふたりとも社会人なので、美雨はアイマスク、私はサングラスをしています。)

性奴隷の入浴の作法。飼い主に縄で繋がれながら。

美雨はモデルさんではありません。美雨は私の所有・管理・飼育しているリアルなペットです。私たちは本当の主従です。公開○教として、しつけとして動画を撮影しアップしています。美雨を風呂に入れた時の動画です。自分で体を洗わせたものと、後手縛りで入浴させた時のものです。洗いなさいと言う命令に、返事をし、喘ぎ、おずおずと体に手を這わせた。湯から少し体を浮かせて、見えるように洗いなさい…。うねうねとマゾらしく体をくねらせなさい…。足を開きなさい…。浴槽の中で立たせて、体を洗わせる。私は腕を組み、縄で繋いだマゾ女性としての仕草を、ただ静かに見つめる。足を開かせ、娼婦のように腰をくねらせる。後ろを向かせ、尻を突きださせ、磨かせる。美雨は見られていることを意識して、命令されるたびに、哀しく喘ぎ、従順に従う。もう一度湯に浸からせて、私が洗う。性○隷の体は私のものだ。私が所有し、管理し、支配している。だから宝石のように大切にし、磨き、慈しむ。洗い場で、正座の肢体にシャワーで湯をかけた。肩から湯が落ち、乳房が跳ね返す。足を開かせて、女陰に湯をかける。「仰向けのちんちん」ペットが飼い主に恭順を示すポーズだ。体を捧げますという服従のポーズ。かけられる湯に、せつなく喘ぎながら、姿勢を保ち続けていた。言葉では、絶対に言い表せない。肌の温もり。美雨は私の所有物となり、輝いてきた。幼い子のように、よく飼い慣らされたペットのように、揺蕩うように、うっとりと私の手に体を委ねている美雨を、いい女になったなとしんみり思った。マゾの自分と向き合い、大きな波が去った後の凪のような瞬間がある。そのとき、マインドの奥にいる自分を見る。それはひとりぼっちで、膝を抱えて泣いている幼い自分だ。その子を、我が子のように、そっと抱きしめる。石鹸の香りがした。 ※本編にオリジナル・マスターに起因するノイズ等が発生する箇所があります。あらかじめご了承ください。

裸エプロンで ご主人様にお給仕する性奴隷【個人撮影】

美雨はモデルさんではありません。美雨は私の所有・管理・飼育しているリアルなペットです。私たちはほんとうの主従です。公開調教として、しつけとして動画を撮影しアップしています。SMは、あまく、せつなく、すてきなものだと伝えたい…。ふたりとも社会人なので、美雨はアイマスク、私はサングラスをしています。うちで美雨が料理をし、晩酌した時の動画で、その時のことを美雨に書かせました。↓今日はご主人様の好きなホワイトシチューを作ります。裸に、お気に入りの白いエプロンをつけて、股縄…お嫁さんになれたみたいで、幸せです。配膳がすむと、私はお側に立って、ビールを注いだり、おかずを取り分けたりします。美味しそうに食べてくれて嬉しいなと思っていたら、吊るされて、放ったらかしにされました…時々、指や鞭で身体に触れてもらえたけれど、イキそうになると、手を止めて、お酒を飲まれます…せつなくて、身体の奥がじんじんしました。「おまえにも餌をあげる」と、ご主人様のおつまみをわけてもらえて、ピンク色の餌皿で食べました。身体の検査をする、と言われたから、いつもの姿勢でお股やお尻の穴を拡げて見てもらいます…何度やっても恥ずかしくて、カメラで撮られていると思うと、頭が真っ白になりました。オナニーを許されたので、久しぶりに身体に触れると、しっとりしていました…イキそうです。おあずけ。の繰り返し…いかせてください、ご主人様。よし。で、奴隷の私は、やっとイクことを赦されます…今日はゆっくり晩酌するから付き合え、と食卓の上に仰向けで寝かされました。お酒を飲みながら、じいっと眺められ、恥ずかしくて嬉しくて、あまずっぱい気持ちになりました。緊縛され、置き物みたいになった私は、指や筆で焦らされ、数え切れないほどいかされて、悶えました…晩酌に、私の恥ずかしい姿でご主人様に愉しんでもらえるのは、性奴隷としてこの上ない悦びです…。